« ひとすじ2015年度7月号No.101 | メイン | ひとすじ2016年度4月号No.103 »

ひとすじ2015年度12月号No.102

image <CONTENTS>

  68期生講習風景

  

   51期生帰国感想

 

 

 

 

 

 

講習風景

入国後、すぐに立山青少年自然の家へ移動しました。施設の方に挨拶をし、その日に入所式を終え、1ヶ月間立山青少年自然の家と滑川市青雲閣で講習をしました。

image  image

 

image

△ 集いで皆の前で発表

 

image

△ 机を囲むように席を設定

 

imageimage

△ 毎日、生活場所と教室を清掃

 

 

image

△ 法的講習

 

image

△ ささら屋見学

 

image

△ 郵便局で母国へ手紙を出す

 

帰国感想

もうすぐ帰国します。まず、私は会社に感謝をしています。会社にいる三年間は、他のところで学べないことを沢山習得できました。日本の会社で先進技術の勉強ができて、日本語の練習もできました。自分の能力を徐々に上げました。それから、この日本で実習するチャンスをくれた組合に感謝をします。中国国内が困難な時期に、日本に来れて、技術の勉強だけでなく、日本について理解を深めました。日本で生活した三年間はとても順調で楽しかったです。受け入れがたい生活習慣はありましたが、三年間暮らして慣れました。最後に、会社と組合の繁盛を祈ります。

M社Kさん

image

 

三年間の実習生生活は瞬きの間に過ぎて行きました。三年間の経験により私が成長できたことに感謝します。立山の積雪、海辺の牡蠣、清潔な街並み、新鮮な空気、全ての美しいものは記憶に残りました。さようなら、美しい富山!

S社Rさん

image

 

実習生活で一番大変なのは自転車で移動することでした。中国で毎日の生活にバイクが欠かせないです。でも、日本の環境はとてもきれいで清潔です。会社のよくしてくれた皆さん、お世話になりありがとうございました。どうぞ、お元気で。

S社Rさん

image


バナーエリア

rapidssl