メイン

技能実習生は、2010年7月までの外国人研修制度とは違い、日本人社員を雇用する場合と基本的には同じ扱いになります。入国前に受入れ企業と雇用契約を結び(来日後、入社してより発効)、帰国するまで労働関係法が適用されます。日本人従業員と同じように仕事をし、それにより技術力の向上を図ります。